髪型を工夫するとニキビができにくい

ニキビケアでやってみた方がいいなと感じたものは、「髪型を工夫する」という一見ニキビと関係のないことです。だけどこれがニキビと関係しているということがわかってから、わたしは前髪をアップにする髪型がお気に入りになりました。

それまでは、おでこにニキビができるとそれを見られたくないばかりに前髪を厚くカットしてもらいおでこ全体を隠していました。おでこのニキビにとってこれは良くないだろうと気づきながらも、「その日その時のニキビが見えなくなれば」という思いだけで行動していました。

だからおでこのニキビは一向に減らず、さらに風が吹いておでこがちらっと見えるのが気になり前髪を固めるスプレーを使うようになりました。その髪をセットして崩さない成分がおでこのニキビに刺激になって、ニキビは減ることなく日に日に増えるばかりでどうしようもない状態になっていました。

そんな経験をしてきて思ったのは、「おでこや顔にできるニキビを根本的にできにくく変えたいなら髪型を工夫する」ということでした。具体的には「前髪をピンでとめるなどしておでこを出す」ということと、頬に髪の毛が当たらないようにひとつに縛るとか二つ縛りにするなど顔を出すことでした。